母子手帳の手続きを忘れずに。

妊娠中に引越しをする場合、同市内の場合は問題がありませんが、

 

 

それ以外へ引越しする場合には、

 

現在使用している母子手帳の検診補助券や助成券、妊婦健康診査受診票は使用できなくなりますから、注意が必要です。

 

bosi-tetyou

 

 

必ず役所で手続きを行う必要があります。

 

 

引越し先の役所で、転入届を提出する際に母子手帳の手続きも行いましょう。

 

 

 

注意したいのは、現在住んでいる自治体の検診費用と金額が変わってくる場合があるということです。

 

 

母子手帳の検診補助券や助成券は、その市町村が独自に決めているので、助成される金額に差があります

 

 

今までは無料だったのに、引越し先では無料でなくなる場合もあります。

 

もともと、妊婦検診は保険適用でないため、実費負担となっています。

 

 

ですから、きちんと手続きをしなければ、妊婦検診の料金の補助や助成が受けられず、実費負担をしなければならなくなります。

 

 

引越し先が同一県内で隣接していた市の場合は、手続きは不要でそのまま使用できる場合もあります。

 

 

手続きは引越し先の役所で行いますが、妊娠中に何度も役所に足を運ぶのは負担が大きいですから、

事前に役所に問合せをして、手続きに必要なものをしっかり準備してから手続きに向かうようにするとムダがありませんよ。